新しい始まり

曼荼羅

新しくお家にきてくれた曼荼羅アート。

ayura roseの裕子さんの作品。
裕子さんの個展・曼荼羅アート「光の花」に行った際、心惹かれて購入しました。

宇宙の叡智、真理みたいなものを感じます。

裕子さん曰く、マヤ、アメリカインディアン、ドリームキャッチャーのイメージだそうです。

わたし個人的には大きなエネルギーの変化を体験中です。
新しい場所で不安やちょっと怖さも感じているけど、自分を信じて、宇宙の真理に則って生きてゆけば大丈夫だね。

自分と自分のいる場所を愛と喜びでいっぱいにしよう

ありがとうございました
スポンサーサイト

魂の旅路

00152.jpeg


ここ何年かは過去を振り返るというか、癒す、手放す、クリアにしていく・・・
そんな作業に時間を使っていたことが多かったと思います。


ある方のブログを拝見していたところ、30代後半から40代、50代は過去の清算、ご先祖から引き継いだマイナスの感情や思い込み、
ネガティヴなものをクリアにしていく・・・そんなことに取り組む時期なのでは、というような記事を読みました。
自分の人生に照らし合わせてみても・・・うん、納得。
わたしもそう思うなぁ。


急に襲ってくる身体の不調や湧き上がってくる不安や怒り、悲しみ。
その時々によって何に気づくべきなのか、何のレッスンなのかは人それぞれなのだと思いますが、
現状に心当たりがない場合は、過去世からのサインやDNAに刻まれたご先祖さまからのメッセージなんかである可能性もありますよね。


精神世界を追求するにつれて、解決するには自分ひとりではちょっと難しいかなー、と感じるような感覚(感情)や身体の不調が
繰り返し顕れ始めたので、
そのつど、直観に導かれピンときた人たちにセッションやヒーリング、カウンセリングをしていただきました。
普通に病院にも行きました。
アロマやクリスタル、ヒーリング・ツールの助けも借りながら、心と身体を癒し、自己受容のレッスンをし、
すこしづつ、もつれた糸をほぐしていきました。


糸がほどけていくにつれて
‟あー、こういうことだったんだ”
と、ストンと落ち着く…。
心が解放されると身体も元気になっていくのを感じました。

逆もあって、身体を調整すると滞っていた場所にひそんでいたネガティブな感情が表にでてきて、なんだかテンションさがるなー
というのを通過してから、身心ともに軽くなる・・・(*´v`)

何事も表裏一体といいましょうか、
不調の原因を無くす、というよりは統合する、受け入れる、自分のいれもの(器)をすこしづつ広げる・・・
そうやってバランスをとりながら、ゆっくりと進んできたような気がします。


原因となっているものはさまざまで、近い存在のおばあちゃんの悲しみだったり、親戚の人だったり、
遠い昔のアトランティス時代のことだったり…と、
年月は関係ないようでした。

いまだにその時代の魂の記憶が、2016年に生きている私に大きく影響しているとは思ってもいない(・・・というかわからない^^:)
ので、背景があきらかになっていくにしたがって
「え~っ!!」とびっくりするようなこともたくさんありました。
想いの強さによっても左右したり、影響力大だったりするんでしょうね。
魂に時空間は関係ないんだねー
神秘的です


理屈ではどうしようもない、
病院で診察を受け、薬をもらってきてもまったく効かない、一時的に楽になってもまた浮上してくる…
そんなときはやっぱり根本的なこと・・・本質に目を向ける時なのかもしれません。


もちろん、過去やご先祖さまの影響がすべてではなくて、
まずは自分のこころの状態・生活のあり方
そこが基本なのだと思います。
自分の闇を見るより、だれかの影響だと思うほうがラクに感じることもありますからね(;´・ω・)
闇を見るのは時に勇気が要ることだし・・・。



わたしが精神世界を追求したり、天使や神さま・仏さまなどに興味を持ったのも、前世でそういった仕事をたくさんしてきたからなんだなぁ~、なんて思います。
それがもとで失敗やトラウマも多く経験しているようです。


目に見えない存在と交信したり、いつのまにかいろんな波動をキャッチしてしまうのも、まったく無意識に今でもやっているようです。
急に悲しくなって大泣きしたり…ネガティヴになったり・・・(´∀`*;)ゞ
そんなときは自分の感情ではなく、だれかのものであったり、または地球に渦巻く集合無意識であったりすることもあるようです。
動物的本能もあるかもしれませんね。


でもそれが大変なことかと言えば、そうではなくて
基本的にわたしはそういうことが好きなんだと思います。


幼い頃は、外で寝ころんで空をみているのが好きでした。

雲の流れをひたすらぼーっと見ているのですけど、それ以外にもその空間にただよう天使や妖精、お花や動物、すでに天国でくらしている魂などなど・・・
いろんな存在たちとおはなししていたのかもしれません。


彼らとの会話は私にとっては特別なことではなく
とても自然なことだったんだと思います。


大人になるにつれて
『もっと現実的になりなさい』 -生活するにおいてそれは役に立たないから―
と言われたことが

とても悲しく、自分を否定するきっかけにもなっている・・・
・・・そんなことも今、思い出しました。


心と身体を癒してゆくにつれて

閉じていたわたしの心も
徐々に開かれゆき

これからは自分の特技や才能を、楽しむために使ってもいいんだ

今やっと、そんなところにきているような気がします


そしてそこから
今まで歩んできた魂の旅路をふり返ってみると


まあ~!!いろいろあったわねぇ~!!


ホントにおつかれさまでしたぁ!!



と、声を大にして言いたくなるようでした

『よく生きてきたわね!!

命があるかぎり
この世界を楽しみましょ

わたしの魂と今、
そんな会話、というか約束をしたような・・・
そんな気がします。

わたしの中の 
なにかが溶けてゼリー状になって
じわじわと広がってゆく…


流れでるままに
自然に身を任せて
どんどんと形を変えて変化していく川のように生きていく。

川の流れはいつしか龍となり

龍は大空に向かって昇ってゆきました。

無限の宇宙のなかを駆けめぐり

心から自由を感じ生きている龍の姿。


そんなイメージが私の中に広がりました。


ほんとうに自由でのびのびと空を駆けめぐる龍。
それをみてわたしもほんとうに嬉しく、幸せな気分になりました


こうして今まで生きてこられたことに・・・
そして私の魂の成長のために関わってくれたすべての人や物事に・・・
本当に本当に感謝します
心からありがとうございます

そしてこれからも・・・

よろしくお願いいたします


成長を見守ってくれてありがとう






できることをする

ニコちゃん


九州で大きな地震がありました。

余震も頻繁に起こり、現地にいる方たちはさぞ不安な日々を過ごされていることと思います。

フェイスブックやブログでの支援の呼びかけ、情報発信等、支援の輪が広がっています。


その中で、バシャールやダリル・アンカの情報を目にすることが何回かありました。

こういう時こそバシャールのエネルギーが役に立つのかなと思いました。



今自分には何ができるだろう。


私たちひとりひとりが、九州にいる人たちのことを想い、思いついたことを実践する。


具体的にボランティアや物資の援助などができなくても、今日一日、いつも通り一生懸命働く。


おだやかな心でいられるように過ごす。

平和な自分と繋がっている。

できないことに目を向けるよりもできることを探す、そしてあきらめない。


わたしはそんなメッセージを受け取りました。


日本のみんながひとつになって、大きな愛のエネルギーを発信している、
日本人のパワーの凄さを感じています。


わたしも自分にできることを実践します。

4月ですね

4月
     李家幽竹さんカレンダー



今日から4月。

別れと出逢いがあって、環境も変化していく季節。

いろんなものが動き出すとき。

生きているといろいろあるよね。

嬉しいことも悲しいことも。

でも、でも、軽やかに行きたいなぁ。

満開の桜のように。

ただそこにいるだけでみんながしあわせな気分になる。

地球は本当に素晴らしい星です。

奇跡のようなこの地球に生まれてきてよかった。

今日も生きていることに感謝です。

ありがとう。

同時進行

yun_3965x2.jpg


昨年末からなんか疲れてるなーと思いつつも、年が明けて普通に仕事に行っていました。
1月中旬、関東にも大雪が降ったあたりから、わたしは体調を崩し、
高熱が出てバタッと倒れました。


3日間くらいは高熱で身体が痛くて眠れなかった。
けっこう長くて、きつかったなぁ。
歯も腫れて膿んでしまった。


そして精神的にもドーンと落ちて無気力状態に。


あ~何にもしたくなぁい、めんどくさ~い。



おお~、久しぶりだなぁこの感じ。

いろんなセミナーに行き始めたころはよーくなってましたね。
デトックス、好転反応的な症状。
・・・まだこんなかんじになるのねぇ・・・なんて思いながら。


そして身体がバタッと動かなくなったら心の声が聞こえてきました。


‟もういやだ~!!”


あー、もうイヤだったんだね・・・


まったく意識していなかったけれど、何年か前から湧き上がるこの怒りやイライラ。
なにかあったわけでもないし、されたわけでもないけれどずっと根気よく顕れてくれていたこの状態。


去年から気になっていたフラワーエッセンスのセッションを受けてきて、
がっつりカウンセリングしていただきました。


イメージやカウンセリングのワークを進めていくにつれて、どうやら母親(女性性)についてなにか傷があるようでした。


えー、女性性かあ・・・


わたしにとって父親はとても大きな存在だと感じていたので、いろんなワークで父親(男性性)にはフォーカスしてきたのだけれど、
母親とは特に問題はないものだとばかり思いこんでいました。
(考えてみれば、そんなハズはないよね・・・)

ところがここ数年、女性といると抑えきれない怒りの感情が湧き上がってくる場面が何度もあって、じぶんでも戸惑っていました。

・・・とうとうこの状態に向き合う時がきたんだね。
解決して(受け入れて)くれるまで、本当に何度でも同じ現実を用意してくれるんだね。
ほんと粘り強い(笑)


きちんとこの問題に向き合って、癒していきたいと思います。


そんなうつっぽい状態の最中にジャガーさんにめぐり逢いました!!(前回の記事です)
どんな状態であっても、爆笑してる自分も同時にいるんです。
カウンセリングのときにも言われました。

「問題の渦中で、大変な時だったんですねぇ。
でも笑ってますねぇ」
って。


そうなんだよね、世界には同時にたくさんの現実(感情)が存在している。


現実は自分がフォーカスしたものに一瞬で変わるんだ。


・・・また書きます・・・



プロフィール

nami*nami

Author:nami*nami
埼玉県在住。女性。
旦那さん、私、ねこのチャトランの3人暮らし。
こころや魂、宇宙のこと
地球のこと、人間のこと
生きてる不思議・・・
そんなことに興味があります。
みんなみ~んな癒されて、
地球家族になあれ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
地球の名言

presented by 地球の名言
月と星と妖精ダストのブログパーツ ver2
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード