スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

新緑の季節













藤の花を観てきました✨✨

ゴールデンウィークはお天気も良くて、行楽日和でしたねぇ😺💕

裸足で芝生に寝ころがって、空を見上げると、「あ〜地球は美しいなぁ」と思います。

きれいなピンクや紫、白の藤と新緑の景色を満喫しました💖

連れて行ってくれた父と母に感謝です🌟
いつもありがとう✨✨✨
スポンサーサイト

楽しんでいいよ~

enjoy.jpg


引っ越しをしました。


今まで暮らしていたお家からは車で15分くらい、
最寄駅を挟んで西口から東口方向へ移動しました。


引っ越しは環境がガラッと変わります。


そして、引っ越しするたびに湧き上がってくる
「お家に帰りたい」
という想い。

毎回浮かんでくるこの想いに
ただ住み慣れた場所から離れた淋しさなのか
・・・でもお家ってどこ?
父母が暮らす実家?
いままで暮らしていた家?
それとも神様のもとに還るってこと・・・?
よくわからないでいました。


でも今回は、あまりの淋しさと緊張、
3日間ワンワン泣くほどの感情にびっくりしていました。
さみしいさみしいって言っても、私もう大人だよ・・・!
これはちょっとこの想いを深く感じてみよう、と思い横になって目をつむりました。



目を閉じると、きれいな緑が浮かびました。
いつの時代でしょうか。
あたり一面緑の広大な草原。
モンゴルのような場所でした。

よく晴れた気持ちのいい場所で10歳くらいの女の子が遊んでいます。
私だと思います。


私はその土地でお父さんとお母さんとしあわせに暮らしていました。


ある日いつものように草の上で遊んでいると、ひとりの男性が来てわたしをどこかに連れてゆきました。


気が付くとどこかのアジア系の国(・・・中国か韓国・・・?)にいました。

今日からここで暮らすんだと言われました。
わたしは恐怖でいっぱいでした。

そこでの様子はあまりはっきり解りませんでしたが、
まったく知らない場所に突然連れてこられたわたしは、すべてのことに
とても緊張していて
怖くてそして寂しくて
お家に帰りたい・・・
お家に帰りたい・・・
そんな気持ちでいっぱいでした。


そこでの暮らしが過酷なものだったかというとそうではなくて
経済的にも恵まれた生活を与えられていました。


でもその場所から心の交流や暖かさは感じられず、ただ淡々と日々を過ごしているようでした。
どんな人に囲まれて過ごしていたのかも覚えていない(見たくない)ようでした。


わたしはまったく心を開かず、そこでの生涯を終えたのだと思います。
広い世界の中で小さな真っ暗い箱に入って生きている、そんな感じでした。
‟寂しい”と口にすることさえできなかった、
言いたいけれど必死に我慢しているような感覚が伝わってきます。


そのときの恐怖や寂しさが今、再現されているんだなぁと思いました。
たくさんたくさん泣いて
いっぱい眠りました。


その時の両親は今の両親のようでした。
ふたりの様子を見てみると、突然娘がいなくなったことに対してあまり動揺していないようでした。
どうやら了承していたようです。
ただ落胆し、罪悪感のようなものは感じているようでした。


そんな時代だったのでしょうね。
本人の意思に関わらず結婚させられたり、身売りされたり、
どうしようもなく大きな力に流されていく人生。
「寂しい」って声にすることも許されなかった時代。


今、やっとその気持ちがうけとめられるようになった。
思いきり泣いてもいい時代になった。


長かったね。


わたしは何不自由ない暮らしをしてきたけれど
そこでこころを開かなかった。
その場所で生きることを楽しまなかった。
それだけの恐怖と悲しみがあった。


そして、今、現在の生活に目を向けると安らかで豊かな日常がある。
癒されなかった魂の想いも表現できる時代になった。
時を超えて、やっと受け止められる想いがある。

いい時代になったんだね。


本当にしあわせだと思う。


引っ越し祝いにれいこちゃんがくれたサンタさんが

「楽しんでいいんじゃよ~🎶」


そう言ってくれているようでした。


魂の記憶を抱きしめて、癒して、天に還そう。


今、この世界を楽しもう。

七夕に向けて

tokyo tower 2016

久しぶりの東京タワー、こんにちは
美しい立ち姿

増上寺

半年ぶりに牧野持侑さんのクリスタルボウル演奏会で増上寺に行ってきました。

広い畳の間で寝ころんでクリスタルボウルのシャワーを身体に浴びるのは本当にしあわせです。
(ごめんなさい、お部屋の写真撮りませんでした (+o+)

今回の演奏会は、熊本であった地震や世界で起きているさまざまな事件や事故、災害などで傷ついた人たちへの癒し
世界が平和であるように、“祈り”がテーマでした。
クリスタルボウルの響きとともにみんなでマントラを唱え、おおきなエネルギーを昇華させました。


あわのうた

中山博さん指導のもと、”あわのうた”も歌いました。

「あわのうたとは」
アから始まりワでおわるので‟あわのうた”というそうです。
「いろはうた」以前の日本古来の48文字でホツマ48文字を表します。
天の部1アヤに記されています。
~ホツマツタエ 日本翻訳センターHPより~


日本語には素晴らしい響き・波動があるようです。
言葉って大切なんだなー。


癒しの時間をありがとうございました。


地球に生きるすべての生きとし生けるものが
みんなみんなしあわせでありますように


tanabata_02.gif

クリスタルボウル 魂の癒し その2





クリスタルボウルの演奏が終わって

心地よいまどろみのなかで

園子さんからのメッセージをいただきました。


star of betslehem


**************************


(いままでの過去)たいへんな人生を送ってきましたね。

いつもその肩に責任を背負って、引き受けて・・・。

たくさん、たくさん泣いてきました。

ローズクォーツのボウルが、その悲しみを感じて、いっしょに泣いていました。



髪に白いものが混ざっている男性がでてきました。
その男性がこう言っていました。


『ごめんな。

おまえをそんなふうに追い詰めるような方向に行かせてしまって。

いつもおまえにやらせてしまうように思わせてしまって。

ごめんな。』



でも、もう

それは手離してもいい。


自分のために人生を生きてもいい。

自分を優先して自分のために時間を使ってもいい、ということ。

今、このタイミングでここへ来て、そう感じていることを認めてください。

そして、あなたの中に、流れ出したい水があって

それが堰を切ったように勢いよく

クネクネと曲がりながら、川のように流れていくのがみえました。

あなたの中の

‟表現したい”  

という気持ち

思い切り表現してみたい!!そう感じている気持ち。

どうぞその気持ちを声に出して言ってみてください。

こころとからだの声に耳を澄まし、それを声にだして言ってみてください。

応援してくれるひとたちがいます。



*******************


白髪まじりの男性・・・

心あたりはなかったけれど、その男性からの言葉をきいて

涙が出てきました。

「いいんだよ、わたしが選んできたことなんだから。

ありがとう。

これからは自分のために生きるよ。」

やさしいやさしいエネルギーを持つ男性でした。

現在のわたしの父のエネルギーに似ている気がしました。
似ているけどすこし違うかんじもしました。


いま思うと

父の父(おじいちゃん)だったのかもしれません。

そしてそれから

このまえ来てくれたおばあちゃんのことを思い出しました。

このおじいちゃんとおばあちゃんは夫婦でした。


今回のヒーリングは、私自身の癒しでもあるけれど

家族にとっての癒しでもあったのかもしれません。


メッセージをありがとう。

来てくれて嬉しかったよ。

これからはみんな、ひとりひとりがしあわせになろうね。


そして

園子さんが勢いよく流れる川の映像を見ていたとき
わたしは龍になっていたんだ。

わたしののどがムズムズしてきた時
ブルーのボウルが一生懸命鳴ってくれていたそうです。

ブルー、そしてのどは自己表現をあらわす場所。

勢いよく流れる水はわたしの中からあふれてくる想いなんだね。

クリスタル Blue

この日、セッションに持って行ったブルーの石。

この石は実家に置きっぱなしで箱の中にあった妹のものでした。

結んである紐もゆるくなっていていつも気になっていたものでした。
リメイクして私のお家につれてきました。

そのときはなんとなくしていることでも
あとになって ‟ああ、こういうことだったのか”
と、わかることがたくさんあります。
‟モノ”の声を聞くことも
大切なことだと思います。

rose2.jpg


自分でも気がつかないうちに、他のひとの痛みや悲しみを引き受けてしまっていた魂のクセ。

わたしがやらなくては、という使命感、責任感。

その役割がどんどん自分を追い詰め、楽しさや喜びを遠ざけていたのかもしれません。

心の深いところで納得し、
癒された気がしました。


セッションの日はちょうど満月。

すでに手放しのサイクルに入っているそう。

完璧なタイミングで起こる宇宙のながれに身をまかせていこう。

この世界に生きていることに感謝です。


クリスタルボウルの繊細なエネルギーが身体中に染みわたって

演奏が終わってしばらくしても、からだがジンジンしていました。

石ってほんとうにすごいんだね!

そして人間もすごい!


園子さん、そしてボウルさんたち

深い癒しと安らぎを
本当に本当にありがとうございました


園子さんのブログ 仙台からクリスタルボウルの響きをあなたに



クリスタルボウル 魂の癒し

rose 1




遠藤園子さんのクリスタルボウル個人セッションを受けてきました。


以前、園子さんの演奏会に参加して,
ボウルたちに
そして園子さんのお人柄にとーっても癒されたので、ぜひ個人セッションを受けたいと思っていました。
満月の4月22日、園子さんが演奏会で東京にいらっしゃるというメールの情報を頂き、すぐ予約をいれました。


待ちに待った個人セッション

ひとことでいうと・・・
ものすごーく良かったです

本当に深くてパワフルで・・・
(ひとことじゃ終わらないね、やっぱり^^)


魂の旅をしてきました。

今、ちょっとだけ旅の様子を書いてみます。


* * * * * * * * * * * * * * * * * * *


演奏が始まってすぐ、自分が亡くなる場面のような映像が浮かびました。


肉体から魂が浮かび上がり、真っ暗な宇宙へ。

これは次の場所に行く前の中間生かな。

しばらく暗い宇宙をさまよいました。


そして光のほうへ向かい、また別の場所へ。


涅槃のようなきれいな川向うのお花畑にひとりでたたずんでいるわたしがいました。(女性でした)
とてもおだやかな気持ちでいるように見えました。

そしてまた次の場所へ。


何度も生まれ変わる魂の転生の映像を見ながら、それまでの人生をふり返り


「頑張って生きてきたよねえ・・・」



なんだかすこし微笑み交じりの深ーいため息をつきたくなる、そんな感じでした。



そして園子さんが演奏するクリスタルボウルの音色が変わったとき、
わたしは急に龍になりました。

その龍は大空をすごい勢いで飛び回りました。

龍
          画像:鎌倉萌蔵さん

もっと大きく!
もっと自由に!
早く早く!!

ものすごい速さで動き回ります。
誰の言葉も聞こえない、誰も近づけない、
気高くて美しい、そんなパワーがありました。


あの龍は私。


涙が流れてきました。


そしてひとしきり飛び回ったら
おなかから出たがっているエネルギーを感じました。

のどがムズムズして咳がでそうだな・・・
・・・演奏中・・・と思ったけれど、身体の反応に従い、わたしは咳をしました。


出たがっているものを外に出すと落ち着きました。


それからしばらく気持ちがよい状態で夢ごこちでした。


クリスタルボウルたちが、やさしいエネルギーで私を包んでくれているようでした。
コロンコロンとゆりかごの中にいるようなやさしくてまあるいエネルギーです。
がんばってきた私の魂をいたわってくれている、
”よしよし”ってなでてくれてる感じ。



あ~、このまま眠っていたい・・・


・・・演奏が終わりました・・・。


「まだ寝たままで大丈夫ですよ。この状態でメッセージをお伝えしてよろしいですか?」
園子さんのやさしい声。

「はい、お願いします。」

園子さんは何を見たのだろう。

ボウルたちから何を感じたのだろう。


・・・静かに時間がながれてゆきます・・・
(・・・つづきます・・・)


IMG_0236.jpg






プロフィール

nami*nami

Author:nami*nami
埼玉県在住。女性。
旦那さん、私、ねこのチャトランの3人暮らし。
こころや魂、宇宙のこと
地球のこと、人間のこと
生きてる不思議・・・
そんなことに興味があります。
みんなみ~んな癒されて、
地球家族になあれ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
地球の名言

presented by 地球の名言
月と星と妖精ダストのブログパーツ ver2
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。