スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

えびが飼いたい。

「高速道路、運転できる?」
「牛乳飲める?あ、飲めない?やっぱり?...飲めなそうな顔してるもんね(^^)」

ランチを食べながら彼女は私に話しかけてくる。

彼女は2ヶ月前くらいに仕事先で出逢った一番新しい友達。

他愛もない話をしながら、私は彼女の話にゲラゲラ笑ってしまうのだ。

多分私より年下だろうと思う。
彼女も私のほうが年上だと感じていると思う。
詳しくは知らない。
私も聞かないし、彼女も聞いてこない。

「猫苦手なんだよねぇ。もう、ムリムリ
私が猫を保護して飼い始めた事も知っている。
犬もダメらしい。
犬・猫っていったらペットの王道じゃ~ん!と思う。

「えびが飼いたいんだよね」

えびー!?

なにソレ~!?
私は大爆笑してしまった。
そんなことを言った女子(...という年齢でもないケド)には遭遇したことがなかった。
しかも既に飼育経験済みとのこと
ザリガニではダメらしい。


本当にどーでもいい~、ゆる~い話をずっとしているのだけど、彼女の声、トーン、話すスピード、間、言葉の返し方などが私にとってはとても気持ち良いのだ。

もしかしたら話す内容はあんまり関係ないのかもしれない。
彼女の存在、発するエネルギーが心地良いと感じる。
苦手なものを苦手とはっきり言う潔さも感じる。

いろんなことを突き詰めて深く考えがちになる私にとって、彼女のゆらゆらと漂うような日常的なゆる~い話に私は癒されているのかもしれない。


そういえば以前、バイト先で仲良くなった女性に「動物が好き」というような話をしていたら
「私、動物だいっきらいなんだ!」と声を大にして彼女が言ったので、あまりの衝撃にその時も大爆笑してしまったのを覚えている。
同意してくれる心地よさとは別に、衝撃も刺激的で心地良いと感じたりして。
この衝撃は恋が生まれるのに似ているのかしら...(笑)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

活字にすると最初(↑)の彼女はなんだかマイペ-スな若者みたいな姿を想像しそうだけれど、礼儀正しい普通の奥様です。(念のため)

「人をよ~く観察するのが好き」と言っていたけど、そんな彼女に私は“牛乳が飲めない人”と映っていたんだね(笑)正解です

自分とはまったく違った感じ方をする人の話っておもしろい。
スポンサーサイト
プロフィール

nami*nami

Author:nami*nami
埼玉県在住。女性。
旦那さん、私、ねこのチャトランの3人暮らし。
こころや魂、宇宙のこと
地球のこと、人間のこと
生きてる不思議・・・
そんなことに興味があります。
みんなみ~んな癒されて、
地球家族になあれ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
地球の名言

presented by 地球の名言
月と星と妖精ダストのブログパーツ ver2
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。