Rebecca 再び

nokko.jpg

最近、1984年あたりのドラマや映画、音楽を見たり聴いたりすることがたびたびあります。
情熱をもういちど、感性の再確認、みたいなかんじなのかなあ( ^ω^ ) へへ・・・


昨年再結成したREBECCA。

rebecca02.jpg

わたしも若かりしころ、Bandで歌っておりましたので
「Wild eyes」や「Friends」なんかをコピーしてました(o‘∀‘o)*:◦♪


アルバムも聴いていたけど、当時は洋楽が好きだったから、
「Rebecca大好き!」と言ったことはなかった。
大人になった今までも。

でもNOKKOのことはずっと見ていた。

解散してソロになっても、

メディアや雑誌に彼女の姿をみつけるとチェックしていた。



昨日、2015年横浜アリーナで行われた再結成ライヴをWOWOWで見ました。

oricon style


いつもそうなんだけど、NOKKOが出てくるとじーっと見てしまう。
COOLな感じになってしまう。
「なつかしいなぁ~」でもノリノリになるのでもなく。
ただじーっと見てしまう。


nokko3.jpg

なんだろう?この感じ・・・
と思った。


『憧れ』というきもちがいちばんしっくりくるかな・・・
そう、憧れ。


あらためてそんな気持ちを確認すると自分でもびっくりした

「そうかー、わたしは彼女に憧れていたのか」

そうか、そうなのか


同級生に恋して「好き好き~」と熱烈にアツくなるというのではなく、
先輩の姿を遠くからそっと目で追っているようなカンジ。
見ているだけでドキドキしてまぶしくて、
ちょっと遠くて手が届かないと思っているせつない恋のような・・・


わたしNOKKOに憧れていたんだ。


彼女がとても自由に表現しているように見えたから。
からだ全部で自分を表現しているように見えたから。


横浜アリーナの大きな大きなステージ。
Rebeccaのなつかしいメンバー達。
観客席の人たちのもの凄いエネルギー。


ライヴを観ていて
Rebeccaのバンドメンバーは本当に安定していて、あたたかい感じがしました。
そんなメンバーに見守られてNOKKOが自由にステージをとびまわっている。

フロントマンであるNOKKOにばかり目が行きがちだけど、メンバーのNOKKOへの愛もとても感じました。
なんかね、
神さまたちに見守られながら、なんの制限もなく、本当に自由に自分を表現している女の子。
『いいよ、いいよ、好きにやりなさい
って。


ステージの彼らがそんなふうに見えて
涙が出そうになりました。
とても美しくてうらやましかった。



Rebeccaの曲は、パワフルだけどどこかせつなくて、
社会に対してきゅうくつに感じていた気持ちやもっと自由に羽ばたきたい!という気持ち
そんな光と影がうまくミックスされていて心地よかったんだと思います。
それぞれが(メンバーも集まっている客席の人たちも)年を重ね、いろんなことを経て、また戻ってくる。

みんないろんな気持ちを感じてきたんだろうなあ。

そしてまた「いっしょにやろっか」 「そうだね」って。
ひとつになるって気持ちいいね

rebecca.jpg


わたしもあんなふうに表現したいなあ

ありがとう、Rebbeccaのメンバーたち




スポンサーサイト
プロフィール

nami*nami

Author:nami*nami
埼玉県在住。女性。
旦那さん、私、ねこのチャトランの3人暮らし。
こころや魂、宇宙のこと
地球のこと、人間のこと
生きてる不思議・・・
そんなことに興味があります。
みんなみ~んな癒されて、
地球家族になあれ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
地球の名言

presented by 地球の名言
月と星と妖精ダストのブログパーツ ver2
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード