FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

安藤サクラ さん、という人。

9b9d87a2.jpg
かわいい~(´ω`*)


今、とっても注目している女優サン、安藤サクラさん。

映画「0.5ミリ」 「百円の恋」を観ました。

なんかもうね、こんな女優さんいるんだなー、と思って・・・
ちょっと衝撃でした。

どこかで見たことあるなぁと思っていたら、俳優・奧田瑛二さんと安藤和津さんの娘さんでした。
そっくりだよね

サクラさんのお芝居っていうのは、すべてをさらけ出しているとでも言いましょうか・・・
圧倒的な演技力、そこまでやるかという潔さ、パワーを感じます。


多くの俳優さん達を観ていると、やっぱりこれはお芝居、演技なんだよなって感じるところがあって
どこか自分を捨て切れていないってゆうのかなぁ・・・きれいな部分は残しておきたい、そこまではさらけ出したくはない、という最後の一線というか、守りの部分があるような気がして・・・
そんな部分を感じたとき、100%その役になり切れない‟素”の部分がみえたりするとき、
現実の世界に引き戻されるというか、創造の世界に入り込めないことがあります。

20141230214918.jpg
こんな顔もします♪


惹き込まれる俳優さんて、役と本人(素)の境界線を感じない、
なんていうんだろ、役を演じているんだか、その人自身を見ているのかどっちかわからなくなる、
そしてそのどちらでもないというか、そんなのはどうでもいいというか・・・
とにかくそうかんじる瞬間、わたしはコチラ(現実)にはいない。
完全にストーリーの世界に入ってしまっているのです。
そしてそれが面白いのです。
わたしは、彼女の演技は役を超えてしまっているような・・・
身体を超えてしまっているような・・・ そんな圧倒的なエネルギーを感じました。


役柄・場面によってまったく違う表情を見せるサクラさん。
どうしようもない女性を演じていたかと思えば、光を放つ天使のような顔になったり、
「これはさっきと同一人物なんだろうか・・・」と感じることさえありました。
ずっと彼女の姿を目で追ってしまいました。


いろんなものを見て、いろんなことを感じてきたのだろうな、
彼女を見ていて、父・奧田瑛二さんや母・安藤和津さんの背景にまで想像を膨らませてしまいました。
いろんなことを受け入れている優しさ、パワー、感受性。
それは多分お父さん・お母さんから受け継いだものなんじゃないかなぁ。
(サクラさんのお姉さんの桃子さんは映画監督・作家さんをしています・・・桃とさくら・・・すてきな姉妹^^)


安藤サクラさん、
とにかくもう大絶賛、LoveLoveな感じです

20100607_bestbets2.jpg

ちなみに彼女の旦那さんは、柄本明さんと角替和枝さんの息子さん、俳優の柄本祐さんです。
(これもまたスゴイね)
スポンサーサイト

コメント

Secret

プロフィール

nami*nami

Author:nami*nami
埼玉県在住。女性。
旦那さん、私、ねこのチャトランの3人暮らし。
こころや魂、宇宙のこと
地球のこと、人間のこと
生きてる不思議・・・
そんなことに興味があります。
みんなみ~んな癒されて、
地球家族になあれ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
地球の名言

presented by 地球の名言
月と星と妖精ダストのブログパーツ ver2
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。